出稼ぎ援護 Migrant

出稼ぎ援護事業(出稼ぎ互助会)について

当財団では、出稼労働者が健康で安全に出稼ぎできるように、次のような援護事業を行っています。

 

dekasegi事業内容

  • 出稼ぎ互助会会員への事故見舞金(死亡・傷病・遺族旅費・証明手数料)を給付しています。
  • 出稼ぎ互助会会員への啓発のための「出稼ぎの栞」を作成・配布しています。
  • 行政機関と連携して「健康で安全な出稼ぎ推進月間(10月)」の設定をしています。
  • 出稼ぎ労働者の現状や対策の状況を収録した「出稼ぎの実態」を作成・配布しています。
  • 出稼ぎ互助会会員への賃金不払いの一部を立て替えます。

 


出稼ぎ就労の皆さんへ。出稼ぎの前は…

  • 出稼ぎに行く時には、公共職業安定所の紹介を受けてから就労しましょう。
  • 出稼ぎの前に「出稼労働者手帳」の交付を受けましょう。
  • 就労先の事故や病気など万が一に備えて「出稼ぎ互助会」への加入手続きをしましょう。

 

1ヶ月以上1年未満の出稼ぎをする方で、岩手県内に住所があり、かつ住民基本台帳に登録または、外国人登録している方は、どなたでも加入できます。申し込みは、市役所または町村役場の出稼ぎ担当課で受け付けています。※有効期間は、加入した日から1年間です。  

会費は、1年分 1人 1,200円です。

見舞金給付金額
死亡見舞金 500,000円
傷病見舞金 30,000~100,000円
重度障害見舞金 300,000円
火災見舞金 200,000円
治療証明書交付手数料 2,000円限度
遺族旅費 8,000~30,000円
賃金立替金 70,000円限度
 
  • 就労期間中に期限切れとなる見込みの方は、出稼ぎ前に継続加入の手続きをしましょう。
  • 健康診断を受けましょう。
  • 就労前の健康診断の結果を生かし、自分の健康状況を把握して就労しましょう。
  • 働く前に労働条件をよく確かめましょう。
ページトップへ